【LINE】男を追いかけさせるための連絡の頻度とやり方について【この3点】

 

Ren

Renです。

女性は常に、男を追いかけさせるべき、と僕は思っています。

今回はその方法、についてお話ししていきたいと思います。

 

 

さて、追いかけさせるには、連絡をしないことが重要です!
というのをよく見かけます。

真相はいかに。

 

多分分かってる人も多いと思いますが、連絡しなくなったらそのまま消えちゃいますよ。笑

重要なのは、程度の問題です。
これにはやり方があります。

 

頻繁に連絡すると、あなたの生活パターンが見えてきます

彼にたくさんLINEしたり、電話したりすると、
あなたの生活や行動パターンが見えてくるんですね。

これが良くないんです。

なぜか。

分かりやすいから興味がなくなってしまうんですね。

そう、男が女を追いかけるのは、
手に入らなそうでどんどん知りたくなるからです。

 

つまり、いつでも連絡が来る女性のことは、
心のどこかでもう自分のものと思ってる可能性があります。

どうですか。

いらつきませんか。

その結果、あなたを知ろうとする意識がなくなってしまうんですね。

だから、そう思わせないためには、女性からバンバン連絡をしてはいけないんですね。

女性からたくさん連絡してるのに、
男からの返答率が低い場合は、残念ながら完全に彼が優位に立っています。

この状態であなたから積極的に連絡を送っても、
返すのはいつでも良いや、なんて思われてしまうだけなんですね。

 

ズバリ連絡は「不定期」に

基本的に、LINEなどではたくさん会話をするべきではありません。

まるで会った時のおしゃべりのように、
あれやこれやLINEする女性もいますが、
男にとってはそれを返すのはめんどくさいものです。

慣れた関係なら大丈夫なこともありますが、
男を追いかけさせたい時にはほぼ逆効果です。

ですが、最初に述べたように、
連絡を一切立ってしまうと、単純にそのままフェードアウトしてしまう可能性があります。

 

どうすれば良いか、それはLINEしたりしなかったりすることです。

これが一番効果的です。

良いですか。

連絡をしなさすぎて存在が消えてしまっても良くないし、
連絡をしすぎて興味を持たれなくてもダメなら、

答えは簡単です。

LINEしたり、LINEしなかったりすれば良いんです。

つまり連絡の頻度に定期性を持たせてはいけません。

ラインすることはあるのに、返信が2日後になることもある、、

そのくらいのムラが必要な訳です。

そうすることによって、

勘違い君
あれれ、連絡は来るけど、オレからの返信を待ち望んでる訳ではなさそうだな、、

 

このくらいに思わせた方が良いです。

 

Renくん、お疲れ様。は最強

 

なんのこと?って思いましたか?笑

どうです。

 

乙女
Renくんお疲れ様
こちらです。

 

 

乙女
疲れ様 
ではなく、

 

 

乙女
Renくんお疲れ様

です。

 

名前を入れるか入れないか。

これなんですね。

名前があるのとないのでは、めちゃくちゃイメージが変わります。

簡単ですが、意外と上手く使いこなす人いないですよ。

 

惚れてる系スタンプはちょっとだけテンションを上げさせる

これは多様はダメです。

ちょっと惚れてる系スタンプってありますよね。

わかるかな?笑

(*´-`)←こういう系。顔文字だとわかりづらいな。

ま、ぽってなってる絵文字やスタンプをたまーに入れてみてください。

これ毎回多様してると、あ、そういうコなんだなって思われるため、
あくまでたまーに。

そうすることによって、

 

勘違い君
あ、今のオレの返信は嬉しかったのかな

なんて思う訳です。

単純ですか?

そう、単純なんです。

たまーに、ですよ。

 

連絡をたくさんしないのは、謎の部分を残しておくため

 

相手がまだ振り向いてない時は、謎の部分を残す必要があります。

連絡をがんがん送っちゃいけないのはそのためなんですね。

で、実際に会えたときに、すこーしだけ自己開示をして、興味持たせるように仕掛けるのです。

 

これでも全てを開示をしてはだめ。

詳しくはこちらの記事を参考ください。

 

まとめ

  • 連絡を不定期にする。
  • 不定期な連絡の中に、名前をぶちこむ。
  • たまーに惚れスタンプを使う。

 

今回はちょっと小手先みたいなテクニックですが笑

完全にこの通りにしろとは言いません。
1つの参考にしてみてください。

いろんなことを取り入れられる女性は、やっぱり魅力的です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です